【年収500万】保険はどうする?

よけいな不安をなくして、最低限の保険に入る例。

【年収500万】保険はどうする?

日本のサラリーマンの平均年収よりも
すこし多い収入がこれです。

年収500万の保険を考えてみました。

そもそも、給料収入だと、国が定める保険が天引きされています。

国民健康保険(税)、厚生年金。国民年金。雇用保険。
大体3割?4割くらいで収入によって変動するのが
国民健康保険税です。

これに+して、生命保険や医療保険、がん保険などを加入している
一部の人たちもます。

がん保険といってもイザというときに300万円も必要かどうかは微妙ですが、
入って安心という人も多くいるのでしょう。

年収500万円だったら、毎月どれくらい支払えるのかを計算してから
保険加入をした方がよいです。

月々1万円程度の保険を考えて見ましょう。


県民共済で毎月5000円
がん保険毎月1130円
医療保険就寝毎月2140円

これでも月8000円ちょっとになります。

なくなったときは800万円くらい。

これくらいが年収500万円の保険に負担が少ないと思います。

【保険 子供】大きくなった時に削る!40代の工夫

こくみん共済のキッズ保険とか、
何歳までただのような子供の保険があります。

しかし、子供が大きくなったら、
不要な保険も削除して、保険 子供 のような支出を減らしたいものですね。

子供に対する最大のリスクはなんでしょうか。

死んでしまったとき、入院したときのお金です。

これをカバーするために、有名なのが、郵便局の「学資保険」です。
満期が18才です。成人になってからカバーするならば終身保険となります。

いずれにせよ、子供に保険をかける余裕があれば
貯蓄型のものがよいです。

いずれにせよ、最悪の場合を想定して保険はつくられています。

子供が健康で、大きな病気もしないように勤めていれば、
国民健康保険で充分じゃないでしょうか。

みなさん、考えすぎです。


【保険 最低限】年収300万円の場合

保険はいろいろ種類があって、
ほんとうに複雑ですね。

年収が300万円の家庭において 最低限の保険 はなんでしょうか。

それは夫が万が一無くなった時の生活費の保証です。

これを遺族生活費といいます。
(先順位がもっとも高い 最低限の保険 )

最低限コレだけ入っていれば、自分で健康を維持している限り、
大丈夫だと思いますよ?!

保険の本質は、何かあったときにお金で解決しよう。

という考え方です。

人生リスクを最大限に考えて、保険商品を生み出してきます。
だから、ややっこしくなるし、不安をアオルように感じられるのです。

一番の財産はなんでしょうか。。

家族が健康であること。

健康だったら、何でもできます。
万が一、収入がなくなっても、
なにかしら働くこともできるのです。


シンプルに考えて、家族の日々の健康、
衣食住を考えるのが主婦のいちばん大切な仕事のひとつです。

保険マンモスキャンペーン 教育費無料相談:2013年5月の記事
【保険 出産】子供ができた場合の相談はどうする? : 2013年5月23日
出産予定の場合、保険はどんな保険がいいのでしょうか。そもそも必要なの?

今日のキーワード

当サイトのRSS

カテゴリー


保険の質をさげつつ教育費もだんだん減らす!
<何回でも相談無料>

↓ ↓ ↓ 詳 し く は コ チ ラ ↓ ↓ ↓
>>無料相談<<
保険マンモス キャンペーン詳細はコチラ
←クリック!
(公式サイトURL:http://www.hoken-mammoth.jp/)

Copyright (C) 2013 All Rights Reserved 保険マンモスキャンペーン 教育費無料相談