還暦を迎えた人の生命保険 - 生命保険見直し 相談

還暦を迎えた人の生命保険

60歳以上で還暦を迎えた方の生命保険は、貯蓄と保障の両方入った“養老保険”がおすすめです。

また、遺族のために1度加入したら、いつ死亡しても保険金がもらえる“終身保険”に加入している方も多いです。子育てや家のローンなどが保険料の負担を軽くすることができます。

生命保険見直し!定期保険の種類とは?

生命保険の“定期保険”を見直す場合は、更新型か定期型か種類をチェックすることによって見直し提案も違ってきます。

▼更新型に入っている場合の対処法の例▼

?更新時に疾病入院特約や成人病入院特約など保険料が増えても、諦めて継続して今までと同じ保証を確保する対処があります。ただし、特約部分の保険料は、“終身保険”の支払いが終わる65歳のときに一括して100万円ほど支払わなければならないケースも多くあり、多額の支払いができなくて、入院が必要な年齢のときに、肝心の保険の効力を失う方が大勢います。

?“終身保険”だけを残して“定期保険”更新型を解約し、新規に全期型の定期保険に入り直す。(ご主人の万が一の死亡時に遺族が必要な資金が、子育てが終わった時点では多すぎる場合なども多くあります。)

?更新型の定期保険の保険料は変えないで保障を減額する。

一方、全期型だと、保険料の支払い総額が更新型よりも安くなり、契約途中に解約金=解約返戻金も溜まります。定期保険は“掛け捨て”で万が一のときだけ役に立つ保険ではありません。全期型だと、解約返戻金(かいやくへんれいきん)が蓄積していています。保険販売員から、解約返戻金と保険料を1年ごとに記載した経過表で確認しておきましょう。

結婚や出産、子供の入学など加入するときは一生懸命選んだ保険でも、時が過ぎれば、ライフスタイルに合わなくなることで保険の見直し相談が増えてきています。

無駄な掛け金のない理想的な保険の見直し相談を受ける為に、ご自分で保険の基礎知識を学んでいきましょう。加入者に多少の知識があればこちらからオーダーすれば良いのです。
いずれにせよ、また、保険会社の破綻のリスクを回避するには、生命保険会社1社に集中するのはリスクが大きく、保険契約を分散するのが賢い加入法です。

相談実績年間40,000件以上。無料保険相談実施中!
↓ ↓ ↓ 詳 し く は コ チ ラ ↓ ↓ ↓
>>複数の生命保険で相談できる
【ほけんの窓口】詳細はこちら
←クリック!

生命保険の見直し相談前に!知っておきたい3つのこと!

生命保険の見直し 相談 のポイントはなんでしょか。

まずは、現在の保険契約で生かせる部分があるのか?
を洗いざらししましょう。その上で

?全部の保険を見直す
?一部新しい商品に見直す
?現在の保険の商品内で見直す

異常の3パターンが 生命保険の見直し 相談 の基本です。
保険の営業マンの“ただ単に安くなる”という理由での保険の見直しはリスクがあります。

安くなるから・・今加入するとお得です・・と保険の営業マンの話をそのまま受け取るのはやめましょう。なぜなら、たいていの場合営業マンが、今、売りたい商品を説明しているにすぎないからです。
目先の毎月の保険料だけをみると全体が見えなくなるのが保険の見直しです。

加入者の知識武装がが 生命保険の見直し相談 では必要不可欠です。

一口に保険といっても大きく3種類あります。

●死んだときに保険料金が支払われる“死亡保険”これには【定期保険・養老保険・終身保険】などがある。
●医療分野を補う“医療保険分野”これには【ガン保険】などがある
●老後のための“年金保険”これには【定額年金保険・変額年金保険】などがある

この3つが基本です。

それから、家族構成から、万が一の場合に必要となる「必要保障額」を計算してそれに見合った補償額なら安心ですよね。

通常のサラリーマンのご家庭で必要な保健とはなんでしょうか。
ご主人が亡くなったとき、奥さんや子供がしばらく生活していける現金が重要です。これを【必要補償額】といいます。
30歳を例にとると、家はローンの保険でカバーするとして、“終身保険”500万円+“定期保険”2,500万円などと計算します。

一生涯保障の“終身保険”+死亡保障中心の“定期保険”を組合わせたものを保険の基礎としましょう。土台のしっかりした“終身保険”+“定期保険”をベースに必要と考えられる“ガン保険”や“医療保険”を積み重ねていくイメージです。

“定期保険”は、さまざまな保険が販売されていますが、満期まで保険料が一定の「全期型」と呼ばれるものであれば、<契約途中で保険料が上がった(^_^;)>という多くの方が体験するストレスもありません。定期保険の「全期型」は「更新型」に比べて、保険料が高くて損な気もしますがすっと一律です。「更新型」は更新するたびに、募集手数料や更新手数料などかかり、更新するたびに高くなっていきます。「全期型」が安心で有利といえるでしょう。

“終身保険”は従来型の終身保険を“変額終身保険”に見直したり、保険会社が資産運用して、その実績により保険料が増えたり減ったりする“利率変動型”があります。

▼ 生命保険見直し相談 の基本▼
定期保険+終身保険←基本(亡くなったら遺族の収入源がなくなるので)
ガン保険←必要であれば追加(ガンが3大疾病なので)
医療保険←必要であれば追加(その他の病気の入院費)

>>続きはこちら

生命保険見直し 相談の記事

今日のキーワード

当サイトのRSS

カテゴリー


保険の質をさげつつ教育費もだんだん減らす!
<何回でも相談無料>

↓ ↓ ↓ 詳 し く は コ チ ラ ↓ ↓ ↓
>>無料相談<<
保険マンモス キャンペーン詳細はコチラ
←クリック!
(公式サイトURL:http://www.hoken-mammoth.jp/)

Copyright (C) 2011 All Rights Reserved 保険マンモスキャンペーン 教育費無料相談