保険の歴史はメソポタミア!? - 保険の歴史

保険の歴史はメソポタミア!?

保険は、「あなたのため、ご家族のためですよ」と勧められて「なんかよくわからないけど」というレベルでハンコを押してしまうものではありません。何のための生命保険なのか、一度、真剣に考えなければなりません。

そもそも、保険歴史をみると紀元前2000年ごろのメソポタミア地方にさかのぼるといわれている。商人たちが、当時盛んだった交易をしていましたが、もしもの場合の家族への保証を考えて、保険の原点が誕生しました。

その後、15世紀の大航海時代に、海に乗り出すときの海難事故に備えた仕組みです。17世紀には英国のエドワードロイドが経営するコーヒーハウスで保険取引が行われました。近代保険のロイズが、現代の保険思想や制度を確立していきました。

日本では江戸時代の末期に福沢諭吉がヨーロッパで定着していた保険の考え方を「西洋旅案内」で日本に紹介しました。その後、1879年に東京海上保険が最初の保険会社で、貨物海上保険を取り扱いました。

保険とは、偶然に発生する事象によって経済上の不安に対処するために、あらかじめ多数の人が金額を出し合って、その事故に遭遇した人にお金を払う精度が保険です。

日本では、2000年時点で、1世帯あたりに払っている年間保険料は61万円・平均4.6件の保険に加入しています。

保険の歴史の記事

今日のキーワード

当サイトのRSS

カテゴリー


保険の質をさげつつ教育費もだんだん減らす!
<何回でも相談無料>

↓ ↓ ↓ 詳 し く は コ チ ラ ↓ ↓ ↓
>>無料相談<<
保険マンモス キャンペーン詳細はコチラ
←クリック!
(公式サイトURL:http://www.hoken-mammoth.jp/)

Copyright (C) 2011 All Rights Reserved 保険マンモスキャンペーン 教育費無料相談