安い生命保険のリスクってどう? - 安い生命保険

安い生命保険のリスクってどう?

テレビのCMで“安い生命保険”も気になります。
毎月家族4人で5万円も支払っていれば、安い生命保険 も気になるハズ。

安い生命保険 は、なぜ、安いのかを考えなければなりません。
10年ごとに保険料が大幅にUPする更新型の掛け捨て定期保険であるものがでまわっています。

保険は古ければ古いほど価値があるのが基本なので、容易に“安い”からといって転換などは危険です。それでも安い生命保険を選ぶことはできますが、安くなれば解約時に戻ってくる解約返戻金が少なくなったり、更新型の定期保険だと安いけど、解約時にまったく戻ってこない掛け捨てなどの選択肢しかありません。

?安くするために「解約返戻金抑制型」を選ぶ
生命保険を解約するときに、お金が一部もどってきます。これが解約返戻金です。(掛け捨ての定期預金にはありません。)この解約返戻金抑制型を選べば、保険料をかなり安くすることができます。ただし、途中で解約した場合には解約返戻金がほとんど戻ってきません。保険会社によっては、同じ生命保険でも解約返戻金が通常のもの、抑制型のものと2つから選べる保険もあります。


?掛け捨ての定期保険を選ぶ
最も安い生命保険は「定期保険」です。なぜなら、保険料が安いですが、保障が契約期間で終わる上に、最終的には掛け捨てになり、解約返戻金もありません。

その他にも、安い生命保険でも、配当が付く付かないとかがありますし、保険の組み合わせや保障の期間によってもかなり違ってきます。

安い生命保険の記事

今日のキーワード

当サイトのRSS

カテゴリー


保険の質をさげつつ教育費もだんだん減らす!
<何回でも相談無料>

↓ ↓ ↓ 詳 し く は コ チ ラ ↓ ↓ ↓
>>無料相談<<
保険マンモス キャンペーン詳細はコチラ
←クリック!
(公式サイトURL:http://www.hoken-mammoth.jp/)

Copyright (C) 2011 All Rights Reserved 保険マンモスキャンペーン 教育費無料相談