point-1nifty Wimax キャンペーン

WiMax のエリアも普及してきました。
様々なプロバイダーから WiMax のスタートアップキャンペーン開始されています。

@nifty WiMax スタートキャンペーンでは専用機器が最大2万2000円割引キャンペーンをやっていました。


nifty WiMax キャンペーン詳細はこちら ←クリック!


さらに@ニフティ WiMax フラット年年間パスポートて契約すると
5000円キャッシュバックキャンペーンもやっています。

nifty WiMax キャンペーンで無料でついてくる専用端末は、
Aterm WM3500Rです。
これに加え専用グレードルセット+専用シリコンケースがついてきます。

限定2000台セットなので、今もやっているかは公式サイトをチェックしてくださいね。

ちなみに WiMax は長い間私も使っていますが、
WiMax エリア内でも実際にお使っている。あの場所で接続できるかどうかは実際に使ってみないとわかりません。

また専用端末可能か、端末の性能がいいかどうかにも大きく左右されます。
ちなみに、 USB タイプの専用端末と WiMax EVO で比較していましたが
専用端末出ない携帯の EVOを使ったテザリング米使用した場合では3、4割受信感度が落ちます。

そこでおすすめなのが Aterm WM3500R 等の WiMax 専用端末です。

これだけ多くの WiMax プロバイダが、
Aterm WM3500R を無料提供しているということは品質も確かということです。

WiMax の料金はほぼ一律。どこのプロバイダでもあまり変わりがありません。

自分の住んでる地域で nifty WiMax 製に接続できるかどうかは、
UQ WiMax で端末をレンタルして実際に確認してから契約しましょう。

nifty WiMax キャンペーン詳細はこちら ←クリック!


point-2@nifty wimax 解約ってどうやるの?

ニフティ WiMax の解約が簡単です。

@ニフティ WiMax の解約方法詳細はこちら ←クリック!

気をつけなければいけないことは、
フラット年間パスポートを利用している場合、
期間内であれば、解約手続きで5,250解約手数料がかかるということです。

またフラット年間パスポートの場合は、
月の途中で解約しても日割り計算がありません。
ですので例えば、月の途中の1日や2日で解約したとしても、
その月まるまる請求がきてしまうということです。

ですから@nifty WiMax を途中解約する場合は、
月末が非常にお得でタイミング的にもちょうどいいと思います。

とにかく@ニフティの WiMax 以外でも、
ワイマックス端末機が無料でもらえる
様々なキャンペーンが各種プロバイダから開催されています。

「1年間で他の WiMax 乗り換えたい。」
「端末をもうひとつもらいたい。」

という場合も多いかと思いますが、
端末によってはそのプロバイダーしか使えないような設定をしている場合が多いです。中には無料で端末をもらえてしかも、他のプロバイダでも使えるような端末もあります。
(ちなみに、ヨドバシカメラで契約したワイヤレスゲートのIO DATEのWMAX-01というUSB端末は、UQでも使えました。)

@ニフティ WiMax では、 Aterm WM3500R +グレードル+ケース付きのキャンペーンをやっていましたが、
@ニフティ WiMax を解約した後でもこの端末が他社で使えるかどうか、NIFTY カスタマーセンターに連絡して把握しておくのが賢い契約の仕方です。

nifty WiMax キャンペーン詳細はこちら ←クリック!


point-3nifty wimax 評判ってどう?

ニフティ WiMax の評判も気になります。

nifty WiMax はかれこれ1年半使っていますが、
重要なのはいつも使っているこの場所で使えるかどうかということです。

自分の家が WiMax をエリア内であっても繋がらないことが多々あります。
ワイマックスの電波の形式が携帯電話と違い、直線的なのが WiMax の特徴だからです。
家の中で WiMax が繋がらなくても窓の近くでは繋がるということがよくあります。

私の場合は、 USB ケーブルの5M の長いやつを買ってきて窓のカーテンレールにぶら下げて使っていました。1回繋がると安定して途切れることありませんでした。

ですから、データ通信カード3G 回線や、 G モバイル等に比べて、繋がりにくいことは確実です。
繋がるような環境を作るようにすると、かなり高速で安定した使用感があります。
ワイマックスがつながりやすい環境にするということは、

●窓の近くに電波を受信しやすい環境を構築する
●銀紙などでリフレターを自作する
ということです。

自分が使っている家が、エリア内でちゃんと繋がるかどうかは、
UQ WiMax の公式ホームページでお試しレンタルをしているのそこで確実に確認をしてから WiMax を契約しましょう。

ニフティ WiMax も評判は良いそうです。

年間フラットパスポートに加入すると Aterm WM3500R という専用端末が無料でもらえるというのはどこのプロバイダでも同じですが、
ニフティだとグレードルや専用ケースがさらにおまけでついてきました。

ちなみにこのグレードルわ後から欲しくなり追加購入するユーザーが多く、
Aterm WM3500を立てて使えますし、グレードルに立てておけば充電もしてくれます。

また Aterm WM3500R を外に持って行くときに
そのまま落下して壊してしまう危険がありますが、
シリコンの専用ケース等でカバーしておくと、破損のリスクも多少押さえられるでしょう。

nifty WiMax の評判で一番良いのは、無料でもらえる金の中でもみんなが必要で欲しいものがセットなってることです。

今なら Aterm WM3500R と専用グレードル+シリコンケースが限定2000名様でプレゼントキャンペーンをやっていました。
気になる方は、ニフティ WiMax プレゼントキャンペーンの専用ページをチェックしてくださいね?☆


nifty WiMax キャンペーン詳細はこちら ←クリック!


TOPPAGE  TOP