「10年で元が取れる」

といわれている太陽光発電システム。

自分の家の構造や、予算によっても価格はかなりの幅があるのも事実。
まずは見積もりを無料で取ってみるにもアリです。

今すぐ!カンタン!太陽光発電一括見積りナビゲーション
【タイナビ】
←クリック!
(公式サイトURL:http://www.tainavi.com/)
http://www.tainavi.com/
「タイナビ」は利用者数 No1の太陽光一括見積りサイト
株式会社グッドフェローズが運営している信頼性の高いサイトです。
全国で100社以上の企業から、最大5社へ一括見積もりが簡単にできます。
「相場価格がわからない」
「補助金が話題だけどプラスになるのかわからない」

そんな方向け。

大きな買い物の決断前に立ち尽くしている人が
たくさんいるなかで、
まずは、情報収集するならばここからスタート!
お客様満足度NO1宣言!?
価格の見積り比較の他にもお得な情報も!

数社から無料で見積もり比較
【太陽光発電システム見積比較.com】
←クリック!
(公式サイトURL:http://taiyokohatsuden.net/)
http://taiyokohatsuden.net/
数社から見積もり比較が無料できます。
匿名で相談可能なのはここです。
「しつこい営業はいやだ」
「はじてての発電は不安だらけ」
という方におすすめです。
厳選した実績のある施工会社だけ登録しているので安心して使えるサイトです。
難しい専門用語はわからない・・
そんな方向けのQ&Aが充実しています。
かなりの情報量があり、
カテゴリーごとに整理されていて
見積もりしなくても素朴な疑問はここで解決できることも!
載っていない情報は電話で聞いてしまうと
かなりスッキリしますよ♪


太陽光発電システムをご検討なら
【株式会社キャロッツ】見積り
←クリック!
(公式サイトURL:http://www.carrots.co.jp/solar-power/)
http://www.carrots.co.jp/solar-power/
大阪の優良企業、株式会社キャロッツが運営する、
安心して施工を依頼できる太陽光発電優良施工店を紹介してくれます。大阪ならここです。
確実な設置とメンテナンス、
自分の要望を第一に優先してくれる提案ならば、
ここのサイトは人気があります。
専門のスタッフも簡単無料見積でも丁寧にタイプしてくれますよ?♪
また、実際に電気代はどれだけ安くなるの?
という素朴な疑問はありませんか?
その仕組み自体をサイトの中で詳しく書いてあって、
漠然としかわからなかった電気代を手っ取り早く理解できます!

なかなかいろいろなメーカーのソーラーパネルの価格を調べても
どのメーカーが一番、自分の屋根の状態や、環境に効果があるのか?
これはプロに相談してみないとわからないことも事実。

たとえば、発電量がいちばん大きいのがサンヨー製ですが、
自分の家の屋根が大きい場合には、他のメーカーの多結晶の方がトータルで安くなったりします。
一方、特殊な屋根の場合には、京セラの方が適合性があったりします。

気に入った太陽光発電パネルのメーカーがあれば希望を伝えて相談してみましょう。


point-1価格.com 太陽光発電 比較・見積り


価格.com 太陽光発電 比較・見積り

100社以上の施工業者から見積もり比較

全国100社以上の業者の中から、価格コムで太陽光発電の見積もりを比較できる!

↓ ↓ 詳 し く は コ チ ラ ↓ ↓

>>価格.com 太陽光発電【比較・見積り】詳細はコチラ ←クリック!

太陽光発電の今後の価格も気になります。
そんな方もおおいのではないでしょうか?

あの 価格.com で太陽光発電の比較見積もり特集をやっていました!
登録されている業者は100社以上。
これってかなりすごい数です。。

エコキュートやパナソニック、シャープなどすでにシステムが決まっていれば
あとは安い業者を決めるだけ。

地元で家の近くの業者を 価格.com 太陽光発電 で比較してみるのが
簡単で確実です。

今までの比較サイトは多くても5社だけだったりして
なかなか家の近くの施工業者がみつからないケースもありました。

しかし、価格コムの太陽光発電だったら、1分程度の簡単な入力だけで
業者を比較できるのがいいですね。

高い金額の見積もりに不安を感じている。
そんな人も多いものですが、
メーカー正規資格をもった業者を選ぶことも重要なポイント。

ただ短に価格だけでなく、実際に見積もりをみて電話してみると
サイト以上の情報がわかるはず!


point-2ジェメックジャパン



>>太陽光発電【ジェメックジャパン】詳細はコチラ ←クリック!
(公式サイトURL:http://www.jemec-japan.com/)

ソーラーパネル長期25年保障

ソーラーパネル長期25年保障

JEMECソーラーパネルの機器の不具合はもちろん、ソーラーパネルの出力低下に対する保障も行います。

↓ ↓ 詳 し く は コ チ ラ ↓ ↓

>>太陽光発電【ジェメックジャパン】詳細はコチラ ←クリック!
(公式サイトURL:http://www.jemec-japan.com/)



point-3株式会社グッドフェローズ≪タイナビ≫太陽光発電見積もりはこちら!

株式会社グッドフェローズが運営しているのがタイナビです。
こんな方におすすめです。

check.jpg太陽光発電の導入費用はいったいくら?
check.jpg導入すると、電気代は具体的にいくら安くなるの?
check.jpg初期導入費用が、とても気になる。
check.jpg30年の耐久年数の間、しっかりサポートしてくれる会社を選びたい。

株式会社グッドフェローズのタイナビは、
住んでいる地域の種類を選んで、クリックするだけ。
グットフェローズが厳選した、最大5社の会社に対して、
太陽光発電の見積もりを、
一括で依頼することができる利用者数が一番多い無料サイトです。

電話での登録など一切なく、気軽に価格を知りたい方が24時間申込めます。
見積もりの金額を比較できるだけでなく、
担当者との相性から、メンテナンスの充実した会社など、
あなたが一番必要なポイントに絞った会社を見極めることができます。

↓ ↓ 詳 し く は コ チ ラ ↓ ↓



タイナビ 太陽光発電見積もり!
物件の地域と種類を選んでクリックするだけ
←クリック!
(公式サイトURL:http://www.tainavi.com/)


point-4太陽光発電システム見積比較ドットコム≪簡単お申込み≫はこちら!

シャープ、サンヨー、京セラの太陽光発電パネルの価格を比較したい方におすすめなのが
太陽光発電ドットコム株式会社の運営する 太陽光発電システム見積比較.com のサイトです。こんな方におすすめです。

check.jpg数社から無料で見積もりを取りたい
check.jpg興味はあるけど販売店に聞くのも面倒くさい
check.jpg自分の住んでいる地域の業者に頼みたい

太陽光発電システム見積比較ドットコムは、ネットで24時間見積もりができるのか、
電話でもお問合せが可能です。太陽光発電+オール家電(エコキュート・IHクッキングヒーター)も興味がある、本当にいくら削減できるのか、ガスからの変更の疑問点などがあれば、迷わず電話することがおすすめです。

太陽光発電システムに20年以上かかわっているプロの施工技術者や販売店が
わかりやすく説明してくれます。
20年以上、太陽光発電システムに
携わっている販売・施工のプロが
貴方の疑問にお答えします!

↓ ↓ 詳 し く は コ チ ラ ↓ ↓



太陽光発電システム見積比較.com(最大5社に一括見積もり)詳細はコチラ ←クリック!
(公式サイトURL:http://taiyokohatsuden.net/)


point-5株式会社キャロッツ≪太陽光発電無料見積もり≫はこちら!

大阪の株式会社キャロッツ=コニシ電化が運営している太陽光発電システムの見積もりサイトです。依頼するとき、かなり具体的な項目を設定しているので正確な見積もりがもらえる会社です。屋根の形状、床の寸法、設置希望面の向き、屋根の材質から
現在の月々の電気・ガス代を使えるだけで、簡単に無料で見積もりができます。

check.jpg大阪の地元業者に任せたい
check.jpg空港周辺整備機構の施工業者としても実績
check.jpg自分の家にあったより具体的な見積もりが欲しい

ネットで基本的なデータを送ることにより、簡単なプランを作成してくれます。
その後に、現地調査をしてさらに、正確な見積もりを作成します。

株式会社キャロッツで現地調査をしてもらっても
交通費や派遣費用などは発生しません。
また、コニシ電化はさまざまなメーカーの製品を取り扱っているので、
自分の家の屋根の状態にぴったりで効果があるメーカーをチョイスしてくれます。
大阪に住んでいるならば、キャロッツはいちおしです。

↓ ↓ 詳 し く は コ チ ラ ↓ ↓



株式会社キャロッツ太陽光発電見積もり(無料)詳細はコチラ ←クリック!
(公式サイトURL:http://www.carrots.co.jp/solar-power/)


point-6太陽光発電の補助金っていくら?

家庭用太陽光発電の補助金はいくら出るの?

そんな疑問はありませんか?
solor21.jpg
国は普及をサポートするために、
平成20年から、補助金制度を実施しています。

国の太陽光発電の補助金制度 は、一般社団法人太陽光発電協会 が募集を行っています。
詳しくは、同協会の JPEC 太陽光補助金の公式HPに掲載されています。

平成24年度の補助金の額関しては、
太陽電池モジュールのメーカーや機種などによりことなっていて、
公称最大出力(W)の数字から、補助金交付額の目安を簡単に調べることができます。

最大でいくら補助金がでるのか、気になる!

と誰もが関心するポイントですが、
公称最大出力の上限は9.99kWとなっていて、
これだと最大の補助金は47万9,520円となります。

かなりお得感がありますね。

しかし、現実的には、一般的な家庭の屋根に乗せられるパネルの大きさは
家の構造や予算によって違ってきて、
例えば幅10メートル×奥行 4メートルくらいなので、
合計4.62KWの発電パネルを屋根に載せても、
4.62KWの発電となります。
(実際の発電は3割ロスなので3.23KW程度)

ちなみに公称最大出力が10kW以上の場合は補助金の対象外となってしまいます。
立派な発電パネルをたくさん載せすぎても補助金の上限があるのです。
solor20.jpg
国の 家庭用 太陽光発電補助金 に関する説明会なども定期的に行っていて、東京都、大阪、静岡など主要都市のどこかで毎月3回から4回は説明会が開催されているので、
詳しく質問したい方は、参加されてみるのもありです。

ただし、定員がありますので、早めの予約をおすすめします。

一方、国のほかにも、地方自治体が行う補助金制度も合わせて使えます。

詳細は各市町村の公式サイトで確認できますが、
おおむね10万円?20万円の補助金をもらえそうです。

申請は、東京都の場合には、東京都環境整備公社など、兵庫県、静岡県、大阪、千葉県などによって申請窓口は異なります。

太陽光発電 補助金 24年度 の場合には、申請する時期がとても大切です。


point-7家庭用太陽光発電比較!価格っていくら?

太陽光発電の価格比較もきになるところです。

シャープ、パナソニック、京セラ、三菱電機、東芝など日本製から、
カナダ本社で中国での製造の太陽光パネル大手メ?カ?カナディアンソーラーなどが移行性まであります。最新の普及素材(単結晶シリコン)を使ったものが主流です。
ここでは、難しい専門用語の性能比較は抜きにして、
とにかく安いソーラーパネルがいい!
という方ならば、シャープが安いので人気です。

太陽電池モジュールには統一規格はありませんが、
メーカーによって特徴があります。

単位出力あたりの単価が安いのシャープ、
複雑な屋根の形状にも、きれいに設置できるのが京セラ、
価格は高いけど、狭い場所でもできるだけ多くの発電ができる三洋電機、

など、自分の家の形状や予算によってメーカーを選ぶ基準をさずけましょう。

また、家庭用の太陽光発電の価格は、
●屋根に架台を組んで取り付ける【屋根置型】
solor13.jpg
●かわらそのものがモジュールになる【屋根材一体型】
solor14.jpg
があります。
価格もそれぞれ異なるのでこれはっと思ったメーカーの公式サイトで詳しく解説をみてみましょう。
メーカー 画像 パネル型番 価格 公称最大出力
シャープ solor15.jpg ND-170AA 79,380円 170W
京セラ solor16.jpg ECONOROOTS<typeR> 97,650円 186W
カナディアンソーラー solor17.jpg CS5A-180M 113,400円 180W
三菱電機 solor18.jpg PV-MA2000B 134,400円 200W
サンヨー solor19.jpg HIT-N230SJ13/SJ16 166,950円 230W

各社標準的な太陽光発電モジュールの価格を比較してみてわかることは、
金額の安さならば、シャープともいえます。

シャープは、日本国内の太陽光発電でもっともシェアが高く、
世界でもこの分野で4位の会社です。
全世界でも20%の太陽光発電システムがシャープといわれています。
見積もりでもかならず比較対称に入れておきたいメーカーです。

ベーシックな太陽光発電のエコノツールから、
京セラは、デザインや設置スペースを重要視したSAMURAIや
太陽電池そのものが平板瓦の「HEYBAN」なども人気です。

カナディアンソーラージャパン株式会社の評判で決め手になっているのが保障期間です。
太陽電池モジュールの出力は、なんと、25年間の保証
その他、パワーコンディショナ、接続箱、太陽電池架台について10年保証を実施しています。これ評判です。

三菱の太陽光発電システムは、
家庭で使える電飾に変換する装置=パワーコンディショナーの性能がよいことで注目されています。
優れた電力変換効率97.5%により、「電力 変換効率の三菱」と呼ばれるゆえんです。

いずれのメーカーも屋根に置くタイプや、
屋根瓦になるタイプなどさまざまな新製品ランナップがあります。
モニターにも応募して、
自分の家にあった発電量など正確な見積もりを出したいところです。

太陽光発電の価格推移も年々安くなる傾向にあり、
中国で大量生産されているカナディアンソーラーの生産台数は目にとまるものがあります。
ちなみに、世界の太陽電池セルを製造しているメーカーでは、
2008年度の時点で、
Qセルズ社(ドイツ)が1位、FirstSolar(米)が2位、Suntech(中国)が3位、シャープ(日本)が4位となっています。


point-8太陽光発電システムとは?

東日本大震災の後、誰もが自然エネルギー対策のひとつとして注目されているのが、
太陽光発電システムです。
solor11.jpg
最近では、国や地方自治体の補助金申請の充実などで、
普及を後押しして価格も下がる傾向にあります。

導入するならば、今がお得!

とばかりに、減価償却が10年を切るケースもでてきています。
さらに、2009年7月には、「エネルギー供給構造高度化法」が成立して、
太陽光発電の新しい買取制度もできました。

今までは 家庭用太陽光発電システム を導入すると
あまりに高くて「長い間使わないと元がとれない」
という現実がありました。

しかし、補助金制度と、余剰電力買取制度によって
「10年で元が取れる!」
という事例もでてきて、
実際にソーラパネルの2010年時点で出荷ベースが前年比3倍に跳ね上がっています。
solor12.jpg
家庭用太陽光発電システムの導入の敷居が低くなりつつあります。

太陽光発電システムの基本は
太陽電池とパワーコンディショナーです。
屋根に設置した太陽電池アレイで電気を作って、
それをぱーワーコンディショナーに内蔵されたインバーターで
家庭でも使える交流電気に換えるのです。

太陽電池は、日がさしている時間しか発電できないので
夜などは電力会社の電気をつかわなければなりません。

そのために、太陽電池システムだけでなく、。
今までどおりの電力会社の配線も両方つかいます。

また、太陽で発電した電気が使い切れないであまったときには、
電力会社の引き込み線から近所の電力として使われます。
(逆潮流といわれます。)

いったいいくら電気を売ったのか?

これはもっとも気になることのひとつですが、
電気売買量を測るために電力量計が、
●売電用
●買電用
の2つの器械でわかるようになっていて
この電力量計も電力会社からレンタルする場合と買い取る場合があります。


point-9太陽光発電で元をとるのは何年かかる?

一番気になる話です。
償却年数は10年?15年ともいわれています。

大雑把にとらえると、以下の2ポイントがキモになります。

1.いくらで取り付けられるのか?
2.電力会社の買い取り価格はいくらになるのか?

solor10.jpg
もとが取れるかどうかのポイントとして押さえておきたいところです。

1.は平成21年1月から1KWあたり7万円の補助ができるようになり、
2010年から、ソーラーパネルの出荷ベースが、
前年比3倍近く上昇しています。

よって取り付け価格の見積もりも下がってきています。

2.太陽光発電の買取価格が10年で50円台になる、という話もあります。
2009年11月時点では48円でした。この買取価格は契約した年から10年間は保障されます。
つまり10年間は同じ買取価格というわけです。

JPEA太陽光発電協会のホームページをみると詳しく書いてありますが、
買取価格は、パネルの普及状態や、価格動向をみながら毎年見直しをしていて、
審議会(買取制度小委員会)の議論をみながら決定されています。

10年は同じ買取価格である

ということは、減価償却の計算も立てやすくなるはずです。

1.いくらで取り付けられるのか?
2.電力会社の買い取り価格は施工年でいくらになるのか?

このポイントをしっかり把握して、
さまざまな会社から見積もりを比較されるとよいでしょう。
solor09.jpg


point-10太陽光発電の初期費用はいくら?

一番気になるのは、初期費用です。
1kwあたりの初期費用の単価のことを、「kW(キロワット)単価」といわれています。

国の補助金支援対象として認められているのが60万円/KW以下です。

この国の補助金支援対象をもとに初期費用を考えると、
3KWのシステムを我が家に導入した場合では180万円、
4KWのシステムの場合には、240万円となります。
(あくまでも目安です。実際の見積もりはこれより安い価格を業者が提示してくるハズです。)
solor07.jpg
この費用から、国や地方自治体の補助金額を引いた金額が、太陽光発電の初期費用 となります。

もっと簡単にいうと、発電する容量と初期費用は比例します。
たくさん発電したい=パネル数を増やす、最大発電容量が大きい高級パネルを買う
そうすると自然と見積もり価格もたかくなるのです。

その逆で、
できるだけ安くしたい=パネルの数を減らす
ということになります。

じゃあうちに付けたらいくらかかるの?

というのが一番知りたいところです。
solor08.jpg
通常は、屋根のパネルの設置容量が大きければ大きいほど、
Kwあたりの単価が安くなります。
さらに細かくいうとお住まいの屋根の材質(瓦・金属)や形状(勾配)などにより初期費用もかわってきます。

一例ですが、東京都の方の初期費用の場合、
見積もり金額190万円(3.3kw)?国と東京都の補助金(48万円)で初期費用は142万円となったそうです。イメージはわくと思います。

これに
年間の発電収入を出せば、何円でもとが取れるのか?
ということをふまえてかんがえてみると

(設置費用190万―補助金合計48万) ÷ 年間発電収入18万 ≒ 7.8年
これはもっとも削減できた例のひとつです。

太陽光発電は30年以上はもつといわれていて、
20年以上は電気代がかなり安い生活ができるという想像がつくかもしれません。


TOPPAGE  TOP