ポイント解説太陽光発電の余剰電力買取制度

point-1太陽光発電の余剰電力買取制度

電力会社による新たな太陽光発電の余剰電力買取制度が平成21年11月より始まりました。

あまった電気が売れる!
つまり、昼間に発電されたあまった電気(余剰電力)を買い取ってくれるのです。

solor05.jpg
なぜ、この買取制度が注目されているのか?
そでは買取価格です。
それまで電力会社が独自に行っていた適用額が24円ですが、
新たな買取制度により、買取単価が1キロワットアワーあたり48円と2倍になったのです。

この買取価格は期間があり太陽光発電施設を設置してから10年となり、毎年見直されます。年度ごとの国の審議会で決定されて、今後は、低減される方向で見直されると予測されています。

平成22年度以前の設置分の買取価格(1kWh、税込)
     太陽光単独の場合   その他発電施設等を併設の場合
10kW未満   48円          39円
10kW以上   24円          20円

ちなみに、太陽光発電で買い取られた電気代は、毎月指定口座に振り込まれます。
このお金は所得とみなされるので、
サラリーマンの場合年間20万円を超えると確定申告が必要となります。

2010年時点で、ソーラパネルの出荷台数が前年比3倍の現在、
電気の買取価格は、年々下がっていくことが予測されます。

太陽光発電の余剰電力買取制度で高く買い取ってくれる今がチャンス!
とばかりに電気を高く買い取って欲しいならば早めの導入がお得ですが、

普及が進むにつれ初期費用は年々安くなっているので、
余剰電力の買取価格が下がっても、導入費用は下がる傾向です。
「いつ決断するのか?」悩ましいところですね。


TOPPAGE  TOP