ポイント解説太陽光発電の補助金っていくら?

point-1太陽光発電の補助金っていくら?

家庭用太陽光発電の補助金はいくら出るの?

そんな疑問はありませんか?
solor21.jpg
国は普及をサポートするために、
平成20年から、補助金制度を実施しています。

国の太陽光発電の補助金制度 は、一般社団法人太陽光発電協会 が募集を行っています。
詳しくは、同協会の JPEC 太陽光補助金の公式HPに掲載されています。

平成24年度の補助金の額関しては、
太陽電池モジュールのメーカーや機種などによりことなっていて、
公称最大出力(W)の数字から、補助金交付額の目安を簡単に調べることができます。

最大でいくら補助金がでるのか、気になる!

と誰もが関心するポイントですが、
公称最大出力の上限は9.99kWとなっていて、
これだと最大の補助金は47万9,520円となります。

かなりお得感がありますね。

しかし、現実的には、一般的な家庭の屋根に乗せられるパネルの大きさは
家の構造や予算によって違ってきて、
例えば幅10メートル×奥行 4メートルくらいなので、
合計4.62KWの発電パネルを屋根に載せても、
4.62KWの発電となります。
(実際の発電は3割ロスなので3.23KW程度)

ちなみに公称最大出力が10kW以上の場合は補助金の対象外となってしまいます。
立派な発電パネルをたくさん載せすぎても補助金の上限があるのです。
solor20.jpg
国の 家庭用 太陽光発電補助金 に関する説明会なども定期的に行っていて、東京都、大阪、静岡など主要都市のどこかで毎月3回から4回は説明会が開催されているので、
詳しく質問したい方は、参加されてみるのもありです。

ただし、定員がありますので、早めの予約をおすすめします。

一方、国のほかにも、地方自治体が行う補助金制度も合わせて使えます。

詳細は各市町村の公式サイトで確認できますが、
おおむね10万円?20万円の補助金をもらえそうです。

申請は、東京都の場合には、東京都環境整備公社など、兵庫県、静岡県、大阪、千葉県などによって申請窓口は異なります。

太陽光発電 補助金 24年度 の場合には、申請する時期がとても大切です。


TOPPAGE  TOP