解説地震の家庭用非常用電源設備として注目

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

東日本大震災でも、太陽光発電を使っている家屋が
「真っ暗な夜でも明かりがついている」
と注目されていました。

これは、太陽電池が蓄電されていれば
専用のコンセントから電機を取り出せる自立運電モードが設置されていたからです。

solor01.jpg
太陽光発電システムは、地震などの震災で、もっとも役立つことが実証されています。

自然災害で電気の完全復旧までの数日間はとても貴重な電源です。

初めに大きく電力が必要なエアコンや洗濯機などには使えませんが、
携帯電話や懐中電灯やテレビやパソコンを充電するくらいならば利用価値が高いです。

時間帯や天気によって、成約はありますが、自立運転モードに切り替えることにより
専用コンセントで使うことができ、震災時に停電していても、テレビやラジオなど最新情報を確認することができたり、さまざまな活躍できる可能性を秘めた太陽光発電です。
シャープなどもリリースしています。

ただし、自立運転機能は、あくまでも付加された機能であり、
非常に不安定な電源で、通常の負担を必要とするピーク電源の供給には適していません。

TOPPAGE  TOP